キメの細かい肌を保つためには今からのスキンケアが大事

キメの細かい肌を保つためには今からのスキンケアが大事

 

毛穴の目立たない肌になりたいなと感じますよね。
年齢を重ねるたびに、細胞は老化していきます。

 

気づけば、肌にシミや毛穴、ニキビ跡が目立ってしまうこともあります。

 

そうならないためには、若い時からの保湿、スキンケアは大切です。

 

スキンケアの基本となるクレンジングや洗顔、たっぷりの潤いを与える保湿ケアをすることが大事です。

 

 

10代、20代は皮脂が多く、油分の多いクリームを使う必要はありません。
ただ、毎日の積み重ねのケアで10年後の肌を作るのです。

 

にきびやにきび跡を早く目立たなくしたいなら、早めにスキンケアや洗顔で
肌のターンオーバーを正常化させることが大事。
さらに、紫外線対策も考えましょう。

 

海やプールに行く時には、徹底的に紫外線対策をして
日焼けしないようにすることが大事です。
すぐにはシミが出来なくても、表皮細胞の奥にシミの原因となるメラニンが溜まり
将来的にとれないシミやにきび跡を作ってしまいます。
キメが粗い!どうしたら肌質は改善するのか・

 

20代のケアこそが30代以降の肌を作る

 

メイクを落として洗顔を終えたら、すぐに保湿ケアをしましょう。
最初に導入化粧水をつけてごわついた角質層をふっくらさせていくことで、
化粧水の浸透がアップしていきますよ。
まずは肌を柔らかくすることで、そのあとに使う化粧水や美容液もじっくりと肌の奥へと浸透していきます。

 

10代、20代の保湿ケアは、油分よりも水分や潤いを与えることを重視して行うのが理想です。
まだ若いから何もしなくても良いと思う人もいるかもしれません。

 

しかし、肌は今のスキンケアが10年後の肌を作るのです。
リプロスキンでスキンケアをする時には、将来の肌がきれいであることを意識しながら楽しみましょう♪